株式会社ファーマみらい
調剤薬局の株式会社ファーマみらい
ファーマみらいの在宅医療
超高齢化社会を迎えたわが国では、地域で高齢者を見守り、ケアしていく時代に移りつつあります。そのひとつが在宅医療です。
患者さまが、住み慣れたご自宅で、安心して療養していただくために、薬剤師がご自宅へ訪問し、在宅でも入院時と同様の医療サービスが提供できるように積極的に取り組んでいます。
ファーマみらいでは、東北から沖縄まで多くの店舗で在宅医療に取り組んでいます。医療機関や介護支援事業所等との連携を図り、地域の特性、患者さまごとの環境に合わせた医療サービスを提供できるように努めております。
在宅医療
お宅へうかがう薬剤師の仕事・役割
定期的な医療機関への通院が必要な方で、さらにひとりでの通院が困難な患者さまに対して、医師の指示に基づきご自宅に訪問いたします。訪問先では、薬に関するご説明やご相談はもちろんのこと、何気ない会話の中から患者さまの服薬状況・効果・副作用の確認、必要に応じてバイタルチェックなども行います。
また、様々な医療機関にかかることによって生じる相互作用や重複投与を防止するとともに、薬の保管方法に不安がある患者さまには用法毎に分けて保管するケース「お薬BOX」や「お薬カレンダー」などを提案することで、薬の飲み忘れ防止や体調改善に役立てています。
医師や看護師、ケアマネージャー、介護士の方々とのコミュニケーションを密にし情報を共有することで、患者さまが住み慣れたご自宅で快適な療養生活を送ることができるように、薬の専門家である私たち薬剤師がお手伝いをしています。
次世代薬局として
高齢化の急速な進展に伴い、2025年には高齢化のピークを迎えると言われており、これまでの『病院完結型』の医療から『地域完結型』の医療に移行しつつあり、在宅医療の必要性が増してきています。ファーマみらいでは、在宅医療における薬剤師の役割が重要であると位置づけており、地域のかかりつけ薬局として『地域包括ケアシステム』に積極的に関わっていきたいと考えております。
在宅医療が始まるきっかけになるのは、「医師の依頼・指示」「患者・家族の依頼」「他職種からの依頼」「薬局からの提案」など様々なパターンがあります。ファーマみらいではこのような指示や依頼を待つだけでなく、全職員が在宅医療を意識し、薬局に来局される患者さまやそのご家族、医師、地域の皆様に薬剤師からの提案を実践しております。
地域の皆様が安心で安全な暮らしが送れるように日々努めています。
copyright