株式会社ファーマみらい
調剤薬局の株式会社ファーマみらい

薬物療法を適切に進めることは、医療提供者や患者様にとって大切な事であり、その精度を高めクオリティの高い薬局医療を当社は目指しています。
ハインリッヒの法則(1件の重大な事故の裏に29件の軽微な事故、そして300件のヒヤリハットがある)にある、300件のヒヤリハットをゼロにする事は永遠のテーマと言えます。しかしその為の研鑽、及び環境作りは医療を担う会社として取り組まねばならない重大事業と考えています。私達ファーマみらいは薬物療法の安全性を高める為、医療安全支援室を設けてインシデント対策に取り組んでいます。

調剤過誤防止についてのディスカッション
東京大学との共同研究(澤田康文先生)

全薬局より「ミニミニヒヤリハット」事例を収集し、東京大学と共同研究を行っています。「ミニミニヒヤリハット」とはヒヤリハットに至る手前の段階、例えば“薬品名がよく似ている”“薬品の色などの外観が似ている”等の取り間違えを誘発しそうな事例を指しています。そのような事例を一人一人の薬剤師の経験として幅広く収集しています。
収集事例は解析・討論する事により新しい知識へと生まれ変わり、各薬局薬剤師へ配信されてゆきます。その内容は、薬のこと、病態のこと、そして患者様との会話に至るまで様々な事が取り上げられています。一人では気づくことに限界があります。若い薬剤師ではベテラン薬剤師の心境には届かないかもしれません。しかしながら、このような知識の循環が知識を深化させ、薬剤師のクオリティを高め、ひいては患者様への安全につながってゆきます。
そして医療安全支援室はこの思想を共有する為に、社内各処で啓蒙活動やワークショップなどを行っています。

日々の取り組みを形あるものにしたいとの思いから、学会発表を奨励しています。
東京大学との共同研究の成果は、当社有志の薬剤師が教授の指導の下で論文執筆し、学会発表を行っています。
現場ならではの問題意識や、薬局におけるより良い医療提供の在り方を発信することも、当社の重要な役割と位置づけています。
また、調剤過誤防止研究会も活動しています。重大な事故に結びつきそうなこと、季節性のある事例、共通の安全認識など、各研究員が熱心に議論した結果を“研究会報”として全社的に共有しています。各薬局で行われている安全対策においても研究員の協力、医療安全支援室の協力を得ることができる仕組みとなっています。
そして、調剤過誤防止システムを導入してのヒューマンエラー対策も推進しています。

copyright